2006年09月04日

ダイナース・プレミアム

アメックスセンチュリオンやダイナースプレミアム、
JCBザ・クラスなどのスーパープレミアムカードは
基本は希望者の申込みでなく、カード会社側
からの招待(Invitation)に対して申し込むことで
取得できると聞きます。
世の中、これらカードを欲しいと願っている人は
大勢いるのに(いるんでしょうか・・?笑)、こんな
時代に珍しく超売り手市場の様相を呈しています。

80:20の法則というものがあります。売上の80%が
顧客数の20%により生み出されるというものです。
他の視点もあるでしょうが、この観点で優良顧客を
維持している良い例が航空会社のFFPなどですね。
優良顧客を維持するのみならず、私のような
一部の庶民は、このプログラムに入るべく積極的な
努力をしたりもしますので(笑)、宣伝広告効果も
十二分にあるかと思います。。

で先のスーパーカード達について考えると、
80:20の法則で考えますと、優良顧客に対し発行
してこそ効果が発揮され、かつ宣伝広告効果も
表れる、と考えるとやはり実績に応じてInvitationが
送られてくるのは納得できそうです。
ただカードの性格的に決済される金額の大きさや、
本来のサービス内容の維持向上に関わる諸費
等々を素人目に考えてもカード会社にとっては
比較的美味しいのでは?であれば多少間口を
広げても良いのでは?と思うのですが
如何でしょうか。

ろくに知りもしないくせにいい加減なことを
長々と書いてすみません。。
実は数ヶ月前のSignatureを見ていたら、どーんと
ダイナースプレミアムの宣伝が出てまして、なんで
招待カードの宣伝を載せるのかと考えていたら、
こんなことを考えていました(^^。

DNS_premium_01.jpg

DNS_premium_02.jpg

結局、宣伝広告効果ってことでしょうか。
まさに戦略にハマってます(笑)。
でも格好良いです!欲しいです(^^;;
posted by NAO at 10:29| Comment(17) | TrackBack(2) | ブラックカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

ブラックカードが記事に

今回は雑誌の紹介です。個人的には全く初めて目を
通す雑誌です。本屋の前を通りかかったときに目に
ついた表紙に惹かれて思わず買ってしまいました(^^;;
表紙の片隅に
 「限度額無し!アメックス・ブラックカードの真実」
と書かれていたのです。
 タイトル:サービスの花道 Vo.3
 発行所 :講談社
 定価  :800円

気になる内容は・・・およそ3頁に渡る記事でした。
詳細を記載することは避けさせて頂き、概要のみ
簡単に紹介させて頂きます。

・アメックスセンチュリオンの紹介−US版はチタン製
・ホテルアップグレード等のサービス紹介
・営業時間外ショッピング、ジェット機チャーター等
・ダイナース・プレミアムの紹介
・レッドカード他の紹介
このような感じでカードが紹介されていました。

勿論この雑誌だけで全てを知ることも出来ませんし、
全てを紹介するための記事でもありませんが、
このように雑誌でブラックカードが紹介されるのも、
やはりブラックカードの認知度が上がってきており、
また世の興味が上がっているということなのでしょうか。
けどまぁブラックカードに関して、画像のみならず
具体的なサービス内容などがネット以外に登場したのは、
もしや初ではかも知れませんね・・・全然違っていたら
ゴメンなさい・・(ToT)ゞ

なおこちらの雑誌は正にタイトルの通り、様々な
サービスに焦点を当てたものですので、プラチナとの
比較等々まで踏み込んだ記事ではなく、いわゆる一種の
究極のサービスということでの紹介だとは思います。
ちなみに他の記事もなかなか面白い雑誌でしたよ(^^。

Hanamichi_01.jpg

Hanamichi_02.jpg


※本記述は著作権を侵害するものではありません。
 引用として記載させて頂いております。
posted by NAO at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。